テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ぷら~り 欧州蹴球場百景【76】ダクナム・スタディオン / ロケレン


◆◆◆◆◆◆

長年のテーマである「世界に通用する日本のサッカースタイル」を構築したいならば、日本人の良さ、特徴やメンタリティ、短所など日本人を良く知る外国人を増やすべきである。
代表監督を日本人、外国人で分けて考えている現状では悲願の世界ベスト8など実現しない。

幸い道程は遠くとも日本代表が現在進んでいる方向は間違ってはいない。その先には光明が指している。【七十六景了】

文/撮影:横澤悦孝 モデル:久留実《Culumi》

By | 2019-01-10T14:07:35+00:00 1月 2nd, 2019|Categories: Soccerlture League, コラム, 未分類|0 Comments

About the Author:

横澤 悦孝
1964年生 / 東京都在住 NPO・NGOの経験を活かしてサッカルチャー・チャアマンをしてます。 本業は国際交流コンサルタント。文化催事の企画運営や講演など欧州と国内をころげまわってます。 サッカルチャーコラム連載では欧州蹴球文化探訪(全41回) 同ベルギーの光と闇(全27回)※最終話そのうちUPします。 長靴の国で観た異邦人たち(全21話) サッカルチャー・ホームタウン秘書室(2017年~ 同 日本人が知らないアーセナル 全8回含)他。 サッカルチャーやっててよかったのはバルセロナで故ヨハン・クライフに逢えたこと。世界各国の”秘書たち”とビールを飲むのもささやかな楽しみ。

Leave A Comment