テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ぷら~り 欧州蹴球場百景【69】 ヴェリタス・スタディオン / トゥルク

ハンガリー―フィンランド戦終了後は、2010年の欧州文化首都、ハンガリー南部の古都ペーチを初めて訪問する。スタジアムを撮影する予定はないが、街の風景とハンガリーの秘書(?)と飲んだビールは、この連載の中で紹介する機会もあるに違いない。

文/撮影:横澤悦孝 モデル:久留実《Culumi》

By | 2018-11-16T19:51:07+00:00 11月 13th, 2018|Categories: Soccerlture League, コラム, ひゃくぷら, 未分類|0 Comments

About the Author:

Yoshitaka Yokozawa
1964年生 / 東京都在住 NPO・NGOの経験を活かしてサッカルチャー・チャアマンをしてます。 本業は国際交流コンサルタント。文化催事の企画運営や講演など欧州と国内をころげまわってます。 サッカルチャーコラム連載では欧州蹴球文化探訪(全41回) 同ベルギーの光と闇(全27回)※最終話そのうちUPします。 長靴の国で観た異邦人たち(全21話) サッカルチャー・ホームタウン秘書室(2017年~ 同 日本人が知らないアーセナル 全8回含)他。 サッカルチャーやっててよかったのはバルセロナで故ヨハン・クライフに逢えたこと。世界各国の”秘書たち”とビールを飲むのもささやかな楽しみ。

Leave A Comment