テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ユベントス、コンテの電撃辞任と今夏の移籍

 ユベントスのリーグ3連覇の功労者といえる監督コンテが7月半ばに電撃辞任をした。後任には元ミラン監督アッレグリ。新たなスタートをきった女王ユベントスの今季の陣容はどうなったのだろうか。

 3−5−2の基本システムの攻撃陣には、昨季素晴らしいコンビネーションをみせたジョレンテ、テベスに加え、レアルマドリードから、期待の若手モラタを獲得。足技に長け、フィニッシュ力にも優れる選手である。合流初日に残念ながらケガを負ったものの、約28億といわれる移籍金で獲得したこの選手への期待は大きい。確実に前線を固めることに成功している。

 中盤のウィングバックのポジションにはベテラン、パトリス・エブラをユナイテッドから獲得した。30歳を過ぎているが、昨季は公式戦45試合に出場するなど衰えを感じさせない。

 最後列にはキエッリーニ、ボヌッチ、オグボンナ、バルザーリらがいる。この3バックは世界最高峰のトリオといってもよい。代表でも召集経験が多く、確実に円熟味を増している。この3人が健在であれば、ユベントスの連覇も想像に難くないだろう。
 
 ユベントスには試合巧者ともいうべき存在が多くいる。経験のある選手が多く、3連覇を成し遂げてきた王者としての誇りが感じられる。
 ライバルである、インテル、ミランらの成績は振るわず他の追随を許さない。
 
 今季4連覇となるか。期待が集まる。

By | 2017-04-21T21:52:41+00:00 9月 29th, 2014|Categories: コラム, セリエAコラム, 移籍情報|Tags: |0 Comments

About the Author:

20代前半男性、チェルシーファン。 岡山県在住。 スポーツはスキーをよくしていたものの、サッカー経験はあまり。。 日本代表戦だけではなく、海外のサッカーを本気でチェックし始めたのはここ数年。 自転車で街、田舎など、特に知らない場所を散策することが趣味。

Leave A Comment