テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

オルタナティブフットボールをコンセプトにサッカー、フットサルウェアを展開するオシダさんインタビュー

 皆さんは、サッカー、フットサルのウェアと言うと何を思い浮かべるだろうか?

 アディダス、ナイキ、プーマー、アンダーアーマー、アスレタ、sfidaなど多数の大手のメーカーがサッカー、フットサルのウェアを製作し、販売している。

 そんな中、自ら個人で「FOOTNINJA」というサッカー、フットサルウェアの製作や販売をしているおオシダハルキさんに話を聞いた。

辻本:この度はお忙しい中、インタビューにお答え頂きありがとうございます。
オシダ:よろしくお願いします。

辻本:まずは、押田さんが「FOOTNINJA」を製作、販売することになったきっかけを教えてください。
オシダ:私自身も高校まで部活サッカーをやっていて、大学に入学後も個人フットサルやサークルでフットサルをしていました。それで、その際に着るウェアをスポーツ用品店に買いに行くと、大体は大手のメーカーのものしかお店になく、「オリジナルの商品が欲しい、もっと自分が納得できるデザインのウェアを着たいと思った」のがきっかけです。そんな思いから社会人1年目の2015年頃から自分でウェアを作り、それをフットサルなどに着ていくようになりました。すると、まわりの人に「欲しい」と言われたり、オートバイ競技のモトクロスをやっている友人もスポーツウェアに興味があったそうで、本格的に製作、販売をするようになりました。

辻本:なるほど!たしかに今の日本は、アディダスやナイキなどの海外から入ってきたメーカーに加え、ミズノやアシックスなどの日本のメーカーがありますが、スポーツ用品店にはこれらの大手メーカーの商品しか並んでいませんよね。私もサッカーを今もやっているので、ウェアを年間数着買いますが、デザインに100%満足して買ったことはほとんどないと思うので、オリジナルのウェアはとても魅力ですね!

辻本:では、次に「FOOTNINJA」を製作、販売する上での理念を教えてください。
オシダ:キーワードはオルタナティブ、日本語にすると多様性です。
一言でサッカー、フットサルと言っても様々あります。ブラインドサッカーやストリートサッカー、フリースタイルフットボールなどなどサッカーやフットサルに分類される競技は多くあり、とても多様化しています。その中で、どの競技をやる時にもウェアは必要で、気軽に自分のオリジナルのウェアを着てサッカーやフットサルに関連する競技を楽しめることに魅力を感じているので、多様性をキーワードにしています。

辻本:多様性ですか!たしかに、一昔前はブラインドサッカーやフリースタイルフットボールなどはあまり日本では聞きませんでしたね。最近はインドアサッカーなどもあるようで、サッカーやフットサルに関連した競技は多様化していますね。

辻本:今後はどういう商品やサービスを提供したいと考えていますか?
オシダ:現在はサッカー、フットサルウェアを中心に、Tシャツやパーカーを商品としていますが、今後は選手の着る移動着やキャップ、雑貨も提供したいと思っています。

また、サッカー大会やフットサル大会の景品として、FOOTNINJAの商品を提供することも考えています。また、国内外で活躍するサッカーやフットサル選手のサポートもしたいと考えています。実際に今、スペインで活躍する佐藤靖晟選手とサプライヤー契約を結び、ウェアの提供等でサポートをしています。また、佐藤選手にはウェア等のデザインのアドバイスも貰っています。

辻本:今後どうなるかが楽しみですね!実際に海外で活躍する佐藤選手のサポートもされているとのことですが、佐藤選手をサポートすることになったきっかけは何でしょうか?
オシダ:会ってみて考えのスケールが大きく面白かったことですね。FOOTNINJAとして協力していきたいと思いサポートすることになりました。また、佐藤選手をマネジメントしているFOOTBALLISTSの代表の方と佐藤選手を通じて知り合い、私の展開するFOOTNINJAとコラボも今後していきます。現在は、日本のサッカーやフットサルの商品の市場は飽和状態なので、今後は海外にFOOTNINJAを売り出していきたいです。また、佐藤選手はCL出場など高みを目指しスペインで挑戦中とのことです。

辻本:なるほど!選手のマネジメントや海外留学、トライアウト等のサポートを展開しているFOOTBALLISTSとのコラボは楽しみですね!

※写真はFOOTNINJAのTシャツを着る佐藤選手

辻本:それでは、今後の押田さんの夢や目標を教えてください。

By | 2017-10-19T13:15:57+00:00 10月 19th, 2017|Categories: コラム, その他コラム|0 Comments

About the Author:

1995年8月31日生まれ。埼玉県在住。大学では経済学とスポーツ経営学を専攻。サッカープレイヤー歴は13年で、最終所属チームは、2016年埼玉県社会人サッカーリーグに所属。最終所属チームには2015年9月から2017年1月まで在籍。Jリーグ、高校サッカーや社会人サッカーを含め、年間50試合以上観戦。Jリーグはもちろん、サッカーのビジネス面やJFL、また地域リーグについても関心がある。

Leave A Comment