テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

チャンピオンズリーググループリーグ第1節 ボルシア・ドルトムント−FCアーセナル 〜砲兵工廠爆発〜

 データ以上の完勝。それが試合を見た印象であった。ドルトムントはとにかく走った。
ミスを取り返すため、ゴールを入れるため、何よりも勝利するために。こちらは何よりもデータが物語っている。

チーム全体の総走行距離、実に120キロメートル超。普通のサッカーの試合では早々見ない数字である。これはチーム全体がピッチを走り回らなければ叩き出せる数値ではない。90分間、ピッチを走り回り、スペースを消し、パスを出させずにミスを誘発する。久々にチーム全体が『プレッシング・マシーン』と化したドルトムントを見た気がする。
 
 クロップのチャンピオンズリーグ挑戦1年目は全試合でプレスをかけようとして失敗した。
 2年目はセンター付近での奪取からのハーフカウンター、そして三年目は選手に叩き込んだ戦術を自在に操り、相手により使い分けることで乗り切ろうとしている。そんなように思える。

 チームも上昇気流に乗れそうだ。何よりも大きいのは、チロ・インモービレに待望のゴールが出たことに尽きる。これまで公式戦で多数のチャンスを生み出していたものの、それをモノにできておらず、本人にも焦りが見えていた。
 しかし、代表ウィークでの得点が彼自身をリラックスさせたのだろうか。オウバメヤンと連動して高い位置からのプレスを敢行、さらに鋭いカウンターで遂に待望の点をも手に入れた。これで全てが解決するわけではないが、よりリラックスして試合に望めるのは良いことだ。クロップ監督も自身のチームに新しいストライカーが加入した場合、馴染むのは難しい、と語っているように、通常のチームよりも与えられるタスクが多いのだ。それに適応するためには時間が必要となる。ましてや初めての国外挑戦も重なっているとなれば、難しさはさらに上がっていく。今シーズンは適応のためのシーズンと割り切ることも必要だろう。彼には、それだけの価値がある選手である。あのクロップが惚れ込んだ選手だ、長い目で見ていこうではないか。

 チームは香川抜きでアーセナルに完勝した。これがこの試合の最大の収穫だろう。まだ完全ではない香川を温存できたのは大きい。CL、ポカール、リーグとまだ試合は多い。怪我人が多い以上、無理はさせられないのだから。今シーズン、果たしてどのような試合をこれから見せてくれるのか。ドルトムントから眼が離せそうにない。

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment