テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

バイエルン帝国の底力 チャンピオンズリーググループリーグ第1節 バイエルン−マンチェスター・シティ

 バイエルンは調子が落ちていてもやはりバイエルンはバイエルンだった。そう思わせる試合だった。
ペップ・グァルディオラが推し進める今シーズンの布陣はなかなかチームに浸透せず、つい先日の主力を怪我で欠くシャルケにも試合を押し気味に進めていたにもかかわらず押し切れないまま、反撃を食らい引き分けに終わるなど、ピリッとしない試合が多かっただけに、初戦のマンチェスター・シティ戦は非常に重要な意味合いを持った試合となっていた。

 一方のマンチェスター・シティは順調に仕上がっている風で、プレミアリーグでも順調に勝ち星を挙げてきており、戦前の予想ではマンチェスター・シティ勝利のほうが賭けのレートが上だったのではなかろうか?
 
 試合はポゼッションサッカーを志向する両監督のサッカーが真っ向からぶつかる試合となった。スペクタクルはないものの、強さを追求した両監督のサッカーだけに、両者共に良さを消しあう完全な潰しあいとなった試合では、共に一進一退の攻防となったものの、同時にフラストレーションの溜まる試合ともなったのは否めない。

 また、バイエルンは移籍後すぐのベナティアをスタメンで起用するなどの奇策を用いてきたという側面はあるだろう。
そのせいもあるのだろうか、普段よりも引き気味なプレイに加えミスも多かった。
 特にレヴァンドフスキの調子が上がってこないのが痛かった。その上、マンチェスターシティはゴールキーパーのハートがキレキレで、悉くバイエルンのチャンスを跳ね返したというのも大きく、バイエルンは本当に手詰まりになりつつあった。

 引き分けになるかと思われた最終盤にドラマが待っていた。コーナーキックのこぼれ球を振りぬいたボアテングの狙い済ました右足弾がゴール右に突き刺さり、バイエルンが先制したのである。

 それまで圧されていた試合をひっくり返したバイエルンはなんとかその点差を守り抜き、ホームで勝ち点3を揚げた。

 チームの調子が悪くても選手の地力で試合をひっくり返す辺りはドイツの巨人の面目躍如というところであろう。

 マンチェスター・シティは相変わらずチャンピオンズリーグでは運がないところを見せたものの、その強さは本物である。次節のローマ戦如何では突破が難しくなるだけに、是が非でも勝ちに来るだろうことは必須。熱い試合が見れそうだ。

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment