テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ロイスを巡るポーカーにチェルシー参戦!高額オファーで誠意を見せる?

 これまで今シーズン限りでの移籍が噂されているボルシア・ドルトムント所属のドイツ代表MF、マルコ・ロイス。

 来シーズンのCL出場権を獲得できなければ移籍はほぼ確実だろうと言われており、現状では複数チームが彼の獲得に手を上げている中で、レアル・マドリードが獲得レースを一歩リードしているという報道もあったが、ここに来てチェルシーもロイス獲得レースに参加を表明してきた。

 しかも、週給15万ポンド(日本円換算で約2740万円)という高待遇を約束しているというのである。
 しかも、ロイス獲得の暁には同じくドイツ代表であるアンドレ・シュールレをドルトムントへ人的保証として放出するというのである。

 元々、ロイスはメンヒェングラッドバッハから6年契約で移籍してきた際に、4年目以降にはバイアウトできる契約外条項が入っているといわれ、その額は約3000万ユーロとであるようだ。

 メガクラブならば問題なく払える金額だけに、ドルトムントとしては今シーズンはタイトルか、もしくは来シーズンのCL出場権がロイス引止めになんとしても必要となっていた。

 しかし、問題はレアル、チェルシー共に既に二列目の選手は飽和状態であり、仮に移籍をしたとしてもワールドクラスの選手と出場権を争わなければならない。

 そして彼はアタッカータイプであり、戦う相手はレアルならばクリスティアーノ・ロナウドやベイル、チェルシーではオスカルやウィリアンである。非常に厳しい戦いとなるだろう。

 自己の成長を信じてあえて国外へ挑戦をするか、はたまた国内最高峰で己を磨くか、残留か。

 ロイスの身辺が落ち着居た際は、果たしてどういう道を選んでいるのだろうか?

By | 2017-04-21T21:52:28+00:00 11月 21st, 2014|Categories: 移籍情報|Tags: , , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment