テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

チャンピオンズリーグ グループG 第3節 チェルシー vs NKマリボル

 この試合は正にチェルシーの実力を存分に見せ付けたものとなりました。

 1点目は中盤でルーズとなったボールを、チェルシー側は即自チームのものとし、そこで捏ねるのではなく、一気に前線へ。このボールを受けた18番のロイク=レミーが切り返してシュート。

 このとき、中側に抜かれることが一番まずいので、DFも一人戻って2枚となったのですが、戻り際をついての切り返しでしたので、対応出来ませんでした。
 ロイク=レミーは中盤からボールが出る寸前に走り出しており、その上、ボール保持者をしっかりと観ていました。
チーム力の差などもあり、ここまでで試合の情勢は決まってしまったように観えましたし、事実そうなりました。

 2点目は、22番のウィリアンがペナルティーエリア左で相手DFに囲まれたのですが、ボールを放さず、逆にNKマリボル70番のアレシュ=メルテリのファウルを誘いました。PKを蹴ったのは11番のディディエ=ドログバです。

 3点目は、右サイドの浅い位置からゴール前まで相手を引き付けながらのドリブルを行い、一旦右へと叩き、そこから低い弾道のクロス。これに飛び込んだ26番のジョン=テリーが決めました。

 このとき、ゴール前までドリブルをしていた選手は、アウトサイドやアウトフロントを多用しており、リズムに変化を付けており、右に叩いたパスもアウトフロントで、足首の柔らかさを観せていましたし、ボールが足元から離れないので、ファウルを恐れたDFは、これに飛び込めませんでした。

 4点目は左サイドでのパスワークからゴール前へと切り込んで行き、10番のエデン=アザールへ。
エデン=アザールは、ゴール前へ選手が切り込んでいたときにはまだペナルティーエリアの外におり、それから相手DFが密集しているところへと一旦駆けて行き、おそらくDF全員がディディエ=ドロクバとボール保持者しか観ていないことに気付いたからでしょうが、密集地帯から離れる動きをしてフリーになりました。シュートはNKマリボル28番のミティア=ヴィレルに当たりましたが、ゴールへと吸い込まれて行きました。

 5点目はペナルティーエリア右で2番のブラニスラフ=イヴァノヴィッチともう一人が粘ってPKを獲得したものでした。
このとき、ブラニスラフ=イヴァノヴィッチが寄って来るやもう一人はゴール前に移動しましたが、移動する前にボールとは関係のない処で相手に身体をぶつけてブラニスラフ=イヴァノヴィッチを助けているのです。三人に囲まれていたブラニスラフ=イヴァノヴィッチでしたが、このプレイのおかげで二人になりました。

 そしてゴール前へと移動した選手は、自分が決めるといった意思の表れでしょうか?
まるで、助けてやったんだからボールを寄越せ!と言わんばかりのポジショニングでした。プレイが途切れたときの仕草がこれを物語っています。

試合はその後更に1点を追加したチェルシーの圧勝となりました。

By | 2017-04-21T21:52:33+00:00 10月 26th, 2014|Categories: WEFAチャンピオンズリーグ観戦記, 観戦記|Tags: , |0 Comments

About the Author:

広島県在住 / 30代 / 趣味:音楽鑑賞・読書・散歩・仕事 / サッカー歴: 小学校からサッカーを始める。高校時代も含め、かなり本腰を入れていた社会人チームに在籍していた。小学生チームの監督経験もあり。その際は、一度も大会に出たことがなく、サッカーチームもなかった子供達に、優勝と三位という成績をプレゼントして頂いたことがあります。

Leave A Comment