テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

【図解】チェルシーVSパリ・サンジェルマン ~CL1回戦を占う

12月15日欧州CL決勝Tの組み合わせ抽選会が行われた。1回戦から好カードが目白押しであり、サッカーファンは眠れない日々が続きそうだ。私が考える優勝候補は、チェルシー、バイエルン、レアル・マドリーの3クラブだ。妥当な判断と思われるかもしれないが、この3チームは頭1つほどは抜け出している。

その1つであるチェルシーは1回戦でパリ・サンジェルマンと対戦する。勝敗予想オッズを見てみると、意外にもチェルシー勝利を楽観視している向きがある。確かにチェルシーはリーグ戦でも好調を維持しており、パリは今ひとつ波に乗れていない。
しかし私は、この1回戦でチェルシーが躓 く可能性も大いにあると見ている。堅守を誇るチェルシーの意外な弱点と、パリに出来る事。両面からこの一戦をプレビューする。

☆チェルシーの欠点とパリの能力

チェルシーはここまでリーグ戦13失点とサウサンプトンと並んで最少失点を維持している。テリー、ケーヒルのCBコンビには高さとパワーがあり、易々とシュートは許さない。GKもクルトワとチェフというワールドクラス2枚が揃っており、SBのイヴァノビッチとアスピリクエタも守備には絶対の自信を持つ。
このDFラインにはパリのイブラやカバーニも手を焼くことが予想されるため、パリに大量得点を奪われるケースは無いだろう。一方でパリの守備陣は集中力が散漫になる事があり、立ち上がりで躓くと流れをチェルシー に持っていかれかねない。
ただ、チェルシーにも弱点はある。それはDFラインにスピードが無い事だ。スピードが無いDFラインは、ラインを高めに設定しづらくなる。当然の事だが、DFラインの裏をスピードで突かれる攻撃に弱みがあるからだ。そのためチェルシーは全体の陣形を低く保っている。

しかし、今季のチェルシーは試合を支配しようと動く傾向にある。モウリーニョも現在のチーム状況に自信を持っており、パリ相手にも攻撃的姿勢を崩さないだろう。そしてボールを支配するために、チェルシーは高い位置からプレスをかけてくる。ここに1つの落とし穴がある。
DFラインをそこまで上げられない状態でプレスをかければ、当然全体が間延びする。プレミアではここを突かれるケースは少 ないのだが、現在のチェルシーはその部分をオスカルやウィリアンのプレススピードでごまかしている。
ところが、1試合だけ弱みを突かれた試合があった。12月6日におこなわれたプレミア第15節VSニューカッスル戦である。ちなみにこの日、チェルシーは今季初黒星を喫している。

スターティング

ニューカッスルは4-4-1-1の布陣で守備的なスタンスを取ったものの、攻撃時には細かくパスを繋ぐ意志を見せていた。一方のチェルシーはいつも通りの4-2-3-1で前からボールを奪いに行く。ところが、ニューカッスルに弱点を突かれてしまう。

前半31分、低い位置でボールを受けた相手の左SBにウィリアンが寄せるが、これに味方が連動 していない。なぜならチェルシーのDFラインにスピードが無く、ラインを上げづらい状況にあるからだ。ニューカッスルの指揮官はここを見逃さなかった。恐らく事前に研究していたのだろう。

About the Author:

大阪府在住 / 20代 / 趣味:サッカー観戦、カラオケ / サッカー歴:中学2年よりサッカーを始める。人生初の試合が0-12、チームとしてのシュート数0と歴史的な大敗となり、カルチャーショックを受ける。それ以降なぜ0-12で負けたのかを研究するようになり、気付けばサッカーオタクとなっていた。

Leave A Comment