テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

バニーズ京都SCがなでしこリーグ2部昇格!~昇格を勝ち取ったオーダーメイドなサッカー【2017プレナスなでしこリーグ2部・チャレンジリーグ入替戦・第2節】

 そんな“3バック攻略法”のお手本通りだった。22分、ボール奪取直後に右サイドのスペースへフィードし、ウイングの吉田早紀が抜け出す。自らドリブルで持ち込み、相手DFが戻りきる前にグラウンダーの丁寧なクロスでお膳立て。コレを逆サイドから長い距離を走って来て中央でフリーとなった左ウイングの佐藤が流し込んで先制。池尻への対応で守備のタスクも多かった佐藤が、2試合合計で3点差となる貴重な“追加点”を挙げる。

 土俵際に追い込まれた吉備国際大学は、池尻を左のウイングバックへ移し、“稀代のオールラウンダー”吉田凪沙もボランチから1トップに上げて来た。ただ、「池尻選手と吉田選手のポジションを動かして、そこに強みを持って来ることも想定していました」(千本監督)との言葉通り、抑えるべきところは冷静に抑えた。逆にチームの軸である吉田がピッチ中央から消えた吉備国際大学は攻守のバランスを失っていたため、簡単にボールを動かすだけで、バニーズ京都自慢の快速3トップが相手の裏を突く速攻が冴えた。

 前半終了間際には右SBの草野詩帆のシュートがクロスバーを直撃し、そのシュートから得た左CKからMF澤田由佳が狙ったヘッドなど、惜しい場面が多かった。ただ、追加点を決めきれなかったことが、逆に集中力の持続には良い方向に左右したのかもしれない。

草野の自主的な提案に見られる“選手主体のサッカー”

 3点リードしたバニーズ京都は、後半開始早々に右サイドから酒井望が蹴った鋭いFKに草野がダイビングヘッドで飛び込み、ゴールライン上でクリアに遭うなど、再び決めきれず。逆に55分、スルーパスに抜け出した池尻に決定機を与えた。

 その左ウイングバックに回った池尻を攻撃で封じたのは右SBの草野。普段は左サイドの酒井望が高いポジションをとる攻撃がルーティーンとして成立しているが、草野も正確なキック力を活かした後方からのロングフィードやMF陣のゲームメイクをサポートする役割も担っている。いわゆる、“繋げるSB”だ。筆者の個人的な意見では、この入替戦2試合を通して最も高いパフォーマンスを発揮したのは彼女だろう。

 「本人は対面する左サイドの選手を見て、『1対1で勝てる!勝てるから前へ行って良い?』と、アンカーの澤田に何度も言っていました。僕はそれを盗み聞きしていただけですけどね(笑)」、と、試合中の裏情報を明かしたのは、千本監督。「自分達のベンチと戦うような状況にだけはしたくない」。今季からチームに加入した草野が1年を通して成長し、自発的に意見を提案できるようになったのも、“選手主体のサッカー”が前提にあるからだろう。

 そんな草野は昨季、プレナスなでしこリーグ1部の伊賀フットボールクラブくノ一に所属。しかし、リーグ戦では1度も出場することはなく、リーグカップで1度途中出場したのみ。大学卒業後から僅か1年での退団。今季から加入したバニーズ京都は3部相当のチャレンジリーグだが、自分で志願して練習に参加した無名の選手だった。それでも千本監督は、「加入直後から、『コレは凄い戦力になる』と確信していました。」との言葉通り、公式戦全試合で先発出場。4歳年上で入れ違いの先輩ながら、同じ大阪体育大学出身の左SB酒井望と共に“繋げるSB”として、パスサッカーを貫くチームの両後輪として、欠かせない選手に成長を遂げた。

 その草野の“進撃”によって池尻は後退し、攻撃の迫力は希薄に。池尻はその後、最前線にポジションを移したが、「縦へはドリブルで行かれたけれど、中央への突破にはガッツリ対応できていた」というMF澤田の言葉通り、リードを活かして中央を固めていたバニーズ京都。

 第2節は1-0のままでバニーズ京都が完封勝利。2戦2勝の2試合合計5-2の勝利により、来季からのなでしこリーグ2部昇格を勝ち取った。

選手の特徴に合わせたオーダーメイドなチーム作り

 ここからは筆者の考察になるが、バニーズ京都のサッカーは選手の特徴やタレント(才能)を優先したオーダーメイドなチーム作りから出来ていると考えている。特にMF3人のキャラクターが最大限に発揮されるように設計されている。

 そうは言っても、プレーオフ最終戦のFC十文字VENTUS戦のレポートでも触れた通り、基本となる約束事は存在する。例えば、<4-3-3>のシステムを採用(下記図①)しているが、その並びになることはほとんどない。守備時にはMF松田が1トップに入る西川樹と前線でプレスをかけ、両ウイングがサイドのスペースを消すために下がる<4-4-2>になる。守備から攻撃へ切り替わった瞬間は2トップのような位置に圧倒的なキープ力を誇る技巧派の背番号10・松田望がいるのは、守備時の約束事ながら攻撃面でも大きい。(下記図②)

 また、ゲームメイク能力に長けるアンカーの澤田は、後方からの攻撃をスムーズに展開するためにCBコンビの間や左側に下がってボールを受け、連動するように両SBがポジションを上げる。その際、アンカーの位置にはテクニックや攻撃のアイデアを持ちながらも、運動量豊富な“お留守番役”のインサイドMF林咲希が下がってスペースをケアする。(下記図③)

 また、澤田が最終ラインに落ちないパターンの組み立てもあり、その時の林はドリブルやワンツーを駆使した本来のインサイドMFとしてプレーする。(下記図④を参照。)

 守備時は<4-4-2>、攻撃時は<3-3-1-3>や<3-2-2-3>に変化する可変型システム。ただ、今季途中までJリーグのサンフレッチェ広島や浦和レッズが採用していた<3-4-2-1>の可変型システム(攻撃時は<4-3-3>、守備時は<5-4-1>)とは違う。システマチックに動くのではなく、選手の特徴を活かそうと考えた結果だろう。

 DF・MF・FWそれぞれをラインと表現すると、このチームには「守備時にはスペースを消すために1つのラインに4人が必要。でも、攻撃時はスペースを使う必要があるから3人までで良い」というようなプレー原則があるのだろう。<4-3-3>も<4-4-2>も、はたまた<3-2-2-3>もこなせるようになる必要はない。そのプレー原則さえあれば、DFラインの高低を調整したり、プレスのかけ方や、パスを回すエリアにもアレンジが出来る。

 例えば、リードした時はDFとMFの<4-4>の守備ブロックを組ませるために、松田と西川は縦のコースを切りながら時間を稼ぐようにボールを追いかける。逆に負けている時は両ウイングも前線からプレッシングを仕掛けるため、<4-2-4>のような布陣にもなるはずだ。

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment