テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

『育成のセレッソ』は男子だけじゃない!【プレナスなでしこリーグ2部7節、C大阪堺Lvs日体大F】

【プレナスなでしこリーグ2部第7節】
開催日:2017年5月7日 13:00 KICK OFF
会場:J-GREEN堺S1メインフィールド(大阪府)
C大阪堺L 1-2 日体大F
【得点者】<C大阪堺L>松原志(58分)
<日体大F>平田(50分)、嶋田(59分)

『育成のセレッソ』は男子だけじゃない!

  
 GW最終日となる5月7日の日曜日。夏日となったこの日、そんな気温よりも熱い昇格争い直接対決が、大阪府堺市のJ-GREEN堺で行われた。

 筆者が足を運んだのは、プレナスなでしこリーグ2部・第7節のセレッソ大阪堺レディースVS日体大フィールズ横浜の一戦。ホームのC大阪堺Lはここまで4勝2分の2位。一方のアウェイの日体大Fは5勝1分の首位を走るチーム。どちらも全18試合中の6試合という3分の1を消化した時点で無敗をキープしているチーム同士。頂上決戦にして1部昇格争いの直接対決だ。2位フィニッシュだと1部・9位のチームとの昇降格プレーオフを戦う必要があるため、この首位攻防戦の勝利が2部優勝と自動昇格の行方を占う重要な一戦なのだ。
 
 C大阪堺Lは、昨季2部初昇格ながらも3位へと大躍進したチーム。しかも、先発メンバーやベンチ入りメンバーの平均年齢が17~18歳代という極度の若手偏重。2010年に『セレッソ大阪レディースU-15』となった中学生年代のチームが現チームの起源で、2012年4月に初めて年齢制限のない『セレッソ大阪レディース』となり、2013年1月から現チーム名の『セレッソ大阪堺レディース』となっている。つまり、2012年のシーズンを最年長の15歳で迎え、今年で20歳になる世代が現チームの最古参。この日はベンチ入りした14歳の中学生MF善積わらい選手も途中出場した程の若いチームなのだ。
 
 C大阪は南野拓実(現レッドブル・ザルツブルク/オーストリア)や現チームの山口蛍・柿谷曜一朗など、海外移籍も果たした下部組織出身者が多い『育成のセレッソ』として知られるチーム。下部組織出身ではない香川真司(ボルシア・ドルトムント/ドイツ)や他クラブからの移籍組とはいえ、乾貴士(エイバル/スペイン)などもC大阪で巣立った選手だと考えれば、日本でも最高峰の育成型クラブだ。

 その女子チームとして発足したクラブであるC大阪堺Lも、育成型クラブの流れを受けている。昨年11月から12月にかけてパプア・ニューギニアで開催されたFIFA U-20W杯には、FW西田明華、MF林穂之香、MF松原志歩と3人のアタッカーを送り込んだ。成績以上に男子と同じく、いや、現在は男子以上かもしれないほどに、育成が形になって顕れている新進気鋭の期待のクラブなのだ。
 

開幕6戦連続得点中のFW宝田沙織 得点ランク独走9ゴールの17歳

 10代の若い逸材が揃うC大阪堺L。中でも、17歳にして開幕から6試合連続得点中のFW宝田沙織は、開幕からここまでの6試合で9得点を挙げ、2位で複数の選手が3得点で並ぶ得点ランキングをすでに独走。全18試合の3分の1を消化した2部リーグの得点女王になるのが現実味を帯び、ここまで4勝2分の無敗で2位と堂々と昇格争いをするチームを牽引する存在だ。
 
 筆者も足を運んだ前節の岡山湯郷Belle戦でも、左サイドのスペースでボールを受け、スピードを活かしたドリブルからの正確なシュートを決めていた。その場面では、ハーフウェイライン付近で岡山湯郷のFW木龍七瀬への明らかな接触プレーでの反則にファウルが取られず、湯郷の多くの選手がセルフジャッジで緊張が解けた瞬間を狙い、宝田は左サイドのスペースに流れていた。ボールを受けるとゴールへの最短コースに沿って急加速。自らドリブルでスペースを走破して持ち込み、冷静で正確なシュートを放ち、36歳のベテランGK上野友紀子との1対1を制したゴールで、まるでアーセナルやフランス代表で得点を量産したFWティエリー・アンリ(現ベルギー代表コーチ)のようなエレガントさを感じさせた。

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment