テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

やっと掴んだホーム初勝利!歯車が噛み合ったバニーズ京都SC

【2018プレナスなでしこリーグ2部・第11節】
開催日:2018年9月9日(日曜)11:00 KICK OFF
会 場: 京都府立山城総合運動公園陸上競技場(太陽が丘/京都府)
観客動員:233人
バニーズ京都 3-1 スフィーダ世田谷FC
【得点者】<バニーズ京都>佐藤(72、85分)、加戸(90+5分)
<スフィーダ世田谷>須田(50分)
≪公式記録PDF(なでしこリーグ公式HPより)≫

 これは負け試合ではない。勝った試合直後の写真だ。ただ、優勝を決めたわけでもなければ、昇格や残留を決めた試合でもない。

 左腕にキャプテンマークをつけて両手で顔を覆っているのは、バニーズ京都SCのDF酒井望。普段は誰よりも明るく振る舞う彼女はこの日、大阪体育大学の後輩であり、前所属のASハリマアルビオン時代からホットラインを築くFW佐藤莉奈の同点&逆点ゴール、岡山湯郷Belle時代の盟友・加戸由佳による追加得点時には、得点者以上の大きなガッツポーズを見せていた。

 そんな彼女が今季開幕戦以来の勝利で、ホーム戦では初勝利を掴んだ瞬間に思わず泣き崩れた。

 無理もない。「左利きの左サイドバック」として不動の存在だった彼女は、リーグ戦再開初戦だった前節はおろか、リーグ中断前最後の5月26日以来、カップ戦を含めて3カ月以上に渡って先発メンバーから外れていた。

 チームのコンセプトとして掲げるポゼッションサッカーが機能せず、自陣からのビルドアップに執着するチームの中で、彼女は得意のロングキックで状況の打開を試みるも、それが必ずしもチームにとって効果的に作用しなかった。

 それでも彼女はキャプテンマークを巻いて先発に復帰。そして、先制されて苦境に陥りながら、途中出場の盟友2人による3ゴールで逆転勝利。佐藤も自身と同じように先発から外れる試合が増え、加戸は今年7月に2年間の長期離脱から公式戦に復帰したばかり。酒井望は自分だけでなく、佐藤や加戸の苦しさも抱えながらプレーしていたのだろう。

 バニーズが手にしたホーム初勝利の意味は大きい!

開幕戦以来9戦未勝利のバニーズ京都SC

 『プレナスなでしこリーグ2部』は、全10チームによる2回戦総当たりの後半戦に突入。伊賀フットボールクラブくノ一が2位以下を大きく引き離して首位を独走し、1年での1部復帰を2部優勝で飾るのも時間の問題となっている。

 しかし、2位以下は勝点2~3ポイント差の間に10チーム中の7チームがひしめく大混戦が続いている。1部への自動昇格は優勝チームのみだが、2部2位にも1部9位チームとの入替戦出場権が与えられる。近年は長野パルセイロレディースやノジマステラ神奈川相模原のように、悲願の1部初昇格後も旋風を巻き起こすチームも多い。大混戦のなでしこ2部の2位争いは、大きな注目を集めている。(第12節終了後に2位から8位の勝点差は5に。)

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment