テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

なでしこリーグ2部残留のバニーズ京都SC~課題と成長を通した1年の成果

 その結果、後半戦は前半戦よりも失点が「17」から「10」へと大幅に減り、得失点は「-13」から、「-3」となって接戦が急増した。攻撃サッカーを掲げながらリーグワーストの11得点に終わったチームの拠り所が守備面にあったのは実に皮肉だが、メンタル面に不安が生じる中で攻撃的に振る舞うことなど出来るわけもない。

 この日も前半に存在感を示した右ウイングの佐藤や、中盤と前線を上手くリンクしたFW西川は、後半は共に守備に奔走した。<4+4>のゾーン守備のブロックでサイドのスペースを埋めるのは<4-3-3->の両ウイングを担う彼女達だからだ。

間違っていない強化ステップ~待つのは継続か刷新か?

 試合後、千本監督はシーズンを振り返りながら、なでしこリーグ2部を戦ったうえでの1年間の課題を述べた。

「決定的な仕事ができるストライカーやCBがいるかどうか、そんな個人レベルの話ではないと思います。今のサッカーで勝っていくためでも、1つの武器だけでは戦えないし、べースとなる部分が全体的に足りていないと感じました。」

 千本監督は課題も挙げたが、チームの成長について言及することも忘れなかった。

「去年よりも攻撃と守備の隙間がなく攻守の切り替えが速い試合の中で、少ない時間と狭いスペースの中で状況判断が出来ているし、ボールを失ったあとのプレッシングも早くなっている。それは1つ上のカテゴリーで年間通してプレーしてきたからだと思うので、常に上のカテゴリーに居続けることが重要です。」

 最近、サッカーには「①攻撃」「②守備」「③攻撃から守備への切り替え」「④守備から攻撃への切り替え」という4つのフェーズ(場面)が存在するとよく表現される。これを実際のプレー局面に沿って落とし込むと、「①攻撃=ポゼッションしての攻撃」「②守備=非ポゼッションに対する守備」「③攻撃から守備への切り替え=非カウンターに対する守備」「④守備から攻撃への切り替え=カウンター攻撃」となる。

 ポゼッションサッカーを貫くバニーズは、上記した①と③の局面が多く、自陣の低い位置からパスを繋いで相手のプレスを掻い潜ると、④の局面から得点も量産した。それが昨年までのチャレンジリーグ時代のバニーズだった。

 ところが、相手のレベルが上がった今季は②の局面が増え、その対処として上記した「ボールを中心にしたコンパクトなゾーンディフェンス」を整備した。数字上の成果も出ているし、強化の手順としては間違っていない。

 あとは、この「経験と成果」を「成功体験」とすべく、良いサイクルへと導いていく過程が必要だ。それに必要なのは、継続か刷新か?チーム編成の実権を握る越智健一郎ゼネラルマネージャーは、より重要な決断を迫られることになる。

(その後、4年2カ月に渡って指揮を執って来た千本監督の契約満了が発表。新監督として、ちふれASエルフェン埼玉をなでしこリーグ1部昇格へ導いた実績がある元井淳氏の就任が発表。)

次回予告:バニーズ京都SC flapsの取り組み

 そんなバニーズ京都SCの掲げるサッカーはトップチームだけではなく、下部組織にも浸透している。次回は、そんなバニーズの下部組織の現状についてレポートします!お楽しみに!!

【バニーズ京都SC関連記事】

〇『やっと掴んだホーム初勝利!歯車が噛み合ったバニーズ京都SC』
〇『なでしこリーグ2部昇格のバニーズ京都SCが新体制を発表!~現日本代表候補のFW谷口木乃実、元代表DF加戸由佳らが新加入』
〇【インタビュー】バニーズ京都SC・DF酒井望~”左利きの左SB”としての視点『【連載】サイドバックから考える現代サッカー(特別編)』
〇【インタビュー】バニーズ京都SCへ新加入の元日本代表DF加戸由佳「本気でサッカーと向き合い、新しい自分に!」
〇『女子サッカーの監督は「指揮官」ではなく、「指導者」であるべき!?』
→バニーズ京都SCというチームと千本哲也監督をモデルに、教育現場や一般社会の職場にもつながる「指導」についての記事になっております。ご一読ください。

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment