テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ドイツブンデスリーガ 第9節 ボルシアMG vs バイエルン・ミュンヘン

 かつてゲリー=リネカーというイングランドの英雄の一人に数えられていたかたが、『ドイツのサッカーは、形にこだわらず、とにかく速い』などと言っていましたが、その通りで、ドイツのサッカーはフィジカルと合理性を優先させます。

 ゲームを作るだ、テクニックがどうだ、は二の次で、こういったサッカーが好きか嫌いかはともかくとして、この試合はそういったところが存分に味わえるものでした。

 首位をキープ出来るかどうかがかかわっていたこの試合は、スコアレスドローとなり、勝ち点は両チーム共に1となりましたが、恐らく、そんな展開を予想されたかたも多いのではないでしょうか?

 バイエルンミュンヘンは、自陣のペナルティーエリア付近に8人もの選手がおり、攻撃はボールを奪ってからのカウンターが多く観られました。得点は出来ませんでしたが、とても速い攻撃を繰り出しており、この速さを生み出すフィジカルの強さが、ドイツサッカーの信条でもあります。ドイツは空中戦も強いですが、フィジカルとは、何も身体のぶつけ合いだけを言うのではないのです。

 こういった試合になった要因の一つが、ボルシアMGにあり、同チームは、ある程度の人数をかけた攻撃を繰り出しており、これがバイエルンミュンヘンのゴール前に壁の如くにそびえるDFを崩す最良の選択と思っていたのかもしれません。

 反対に、攻撃に人数をかけて来ないバイエルン・ミュンヘンですから、DFに人数をかける必要がないのです。

 現在では、多くの有名選手がプレイしているブンデスリーガですが、こういったことから、巧さが信条の選手はあまり結果を出せておらず、苦労しているようです。

 これは余談で、日本の場合にはどうだか分かりませんが、海外のクラブでは、選手の基礎体力、たとえば走力や筋力などの値に、一定のランクを設けており、選手を買ったときに、その発達具合に応じて、前所属チームにお金が入る制度があります。

 理由は、巧さを計るものさしはありませんが、数値化出来る基礎体力は計ることが出来るからです。

 ですから、若い選手のフィジカルを何とか引き上げて、有力チームに売るといったことを専門としているクラブもあるのです。
こういったことから、まずフィジカルが重視されるのは必然なのです。

 上を表す好例として、日本でもかつてこんなことがありました。
とある選手が、レアルマドリードから移籍の申し出を受けていたのですが、主な条件として、移籍金は3億円。W杯に出場すること。といったものがありました。

 この3億円という金額は、スター選手に着く値段としては微々たるものですので、チーム側が渋り、結局のところ、W杯メンバーからも落選しました。

 当時を知る日本人の多くが落胆したことでしょうが、この頃のサッカー雑誌には、フィジカル寄りの選手が、それとなしにその選手を叩いている記事が載っており、彼らの言い分は、『チームの潰れ役の自分たちの給料が、何も出来ない選手の給料より低いことに納得がいかない』といったもので、的になっていた選手は次のW杯で見事デビューをしたのですが、まだまだフィジカル的には脆く、彼を助ける選手をDHに一人置かなければなりませんでした。

 その選手の名誉の為に記せば、スコットランドに渡った彼は、いつしかフィジカルでも負けなくなり、鮮やかなテクニックを多用したプレイは、ダイレクトプレイに変わっていきました。

 2010年のW杯では、自身が作り上げたチームに居場所がなくなったわけですが、岡崎の斜めに走る動き、長友のオーバーラップのタイミング、内田のプレイスタイルなど、とても大きな功績を残しているのです。

 そして、実に12年の間、代表に名を連ねていたのです。(当落線上の時期も含む)

 強いチームは皆、こういった功績とフィジカルを大事にします。

By | 2017-04-21T21:52:30+00:00 11月 5th, 2014|Categories: ブンデスリーガ観戦記, 観戦記|Tags: , |0 Comments

About the Author:

広島県在住 / 30代 / 趣味:音楽鑑賞・読書・散歩・仕事 / サッカー歴: 小学校からサッカーを始める。高校時代も含め、かなり本腰を入れていた社会人チームに在籍していた。小学生チームの監督経験もあり。その際は、一度も大会に出たことがなく、サッカーチームもなかった子供達に、優勝と三位という成績をプレゼントして頂いたことがあります。

Leave A Comment