テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

DFBポカール準決勝、バイエルンVSドルトムント~バイエルン3冠ならず

バイエルンの3冠達成を阻止 ドルトムントがクロップの”花道”を用意

DFBポカール準決勝
バイエルン1-1ドルトムント
PK0-2
【得点者】
<バイエルン・ミュンヘン>レヴァンドフスキ(30分)
<ドルトムント>オーバメヤン(75分)

ブンデスリーガ3連覇決定のバイエルン 前半戦最下位から急浮上中のドルトムント

 

 先週、バイエルン・ミュンヘンはCLの準々決勝でポルトガルのFCポルトと対戦。第1レグをアウェイで3-1と敗れて迎えたホームでの第2レグでも、アリエン・ロッベンとフランク・リべリの2人のクラックが負傷欠場という厳しい状況で迎えていました。しかし、“ロベリー”(ロッベン&リベリーの略)の欠場により、本来はインサイドMFやボランチ、右サイドバックを担当するブラジルW杯時のドイツ代表主将DFフィリップ・ラームを右ウイングという高い位置に置いたり、低い位置からのビルドアップも1つラインを飛ばすミドルパスや、右ウイングのラームに収めるロングボールも織り交ぜるなどして巧みに主導権を握り、6-1と大勝。結局2試合合計7-4の大差がつく結果となり、ここ6年間で5度目のベスト4進出を決めました。

 さらにヘルタ・ベルリンをホームに迎えたブンデスリーガでは辛くも1-0で勝利し、翌日に2位のヴォルフスヴルクが敗れたため、ブンデスリーガ3連覇が決定。2年ぶりとなるブンデスリーガ・DFBポカール(ドイツカップ)、欧州チャンピオンズリーグの3冠へ向かって順調なステップを踏みました。

 対するドルトムントはCLで決勝トーナメント進出を決めるも、べスト16で敗退。さらにブンデスリーガでは昨季の得点王を獲得しながらバイエルンへ移籍したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの穴が一向に埋まらず。ドイツ代表のブラジルW杯優勝の後遺症として主力選手のチーム合流が遅れたため、常にコンディション不良と負傷者続出に見舞われた前半戦は・・・なんと・・・リーグ戦最下位で折り返し。後半戦に入ってアジアカップから帰還したMF香川真司もハビエル・アギーレ前日本代表監督から好影響を受けて復調し、チームも後半戦に入ってからは復調。リーグ戦ここ11戦で7勝2分2敗と好成績を残し、現在は8位まで急浮上。来季のCL出場権獲得となる4位は狙えないものの、ヨーロッパリーグ圏内となる5位のシャルケ04と6位のアウフスブルクまでは勝点で3ポイント差までつけています。

 香川も現在リーグ戦2戦連続得点中ですが、ここへ来て7シーズンに渡って指揮を執ってきたユルゲン・クロップ監督が今季限りでの退任を発表。来季からは前マインツ05のトーマス・トゥヘルが新監督に就任する事まで発表されています。クロップがマインツの監督時代にマインツのユースを率いていたトゥヘルがドルトムントでも指揮を執るのは喜ばしい事だと思います。

 ドルトムントは前述のように、すでにCL敗退、ブンデスリーガでも4位以上の可能性も消滅しており、リーグ連覇や2011年の2冠(リーグとポカール)を達成したクロップ監督に唯一タイトルの可能性が残るこの1戦に恩師への花道(決勝の舞台)を作るために挑みました。

完全な”ペップ・バイエルン”のゲームで先制 ペップの下で最も伸びたボアテンクを起点に攻略

 抽選の結果、ホームのアリアンツ・アレーナで対戦できるバイエルンは先週にCLがあった影響や、負傷者続出が永遠と続いている現状もあり、先発メンバーを大幅に変更。負傷上がりのDFメディ・べナティアが先発復帰し、ロッベンもベンチ入りしました。対するアウェイとなるドルトムントは先週末のリーグ戦を欠場させた司令塔のMFイルカイ・ギュンドアンを先発起用。おそらく、この一戦へ温存していたものと思われ、ドルトムントの覚悟の程が窺い知れました。香川も2列目で先発しています。

 試合の方はキックオフから両チーム共に慎重な立ち上がり。確かにバイエルンはボールを支配するものの、ポルト相手の3-1の負けからの反省点を意識し、自陣でのビルドアップからロングボールも活用。ドルトムントはそのバイエルンの圧倒的なポゼッションに対してしっかりとマンツーマンで対応し、連動したプレッシングと球際の強さを持って対抗する構図。オープニングシュートが14分までなかった事が集中力と緊張感のある試合を象徴していたと言えます。それもCKからのバイエルンのトーマス・ミュラーのシュートでした。

About the Author:

hirobrown

創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment