テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

UCL シティvsバルセロナ ギア全開のメッシ

バルセロナは最近リーガエスパニョーラではあまり精彩が見られない。
もちろんあの選手層であるから、一定のクォリティがあるチームであることは疑いがないが、変な取りこぼし、気の抜いたようなプレーがチラホラみられ、スペクタクルがかなり失われた感がある。

一方マンチェスターシティもリーグで2位に付いているが、1位チェルシーが確実で安定したプレーの前に後塵を拝している。

国内リーグ的には似た状況にある。来年のUCL出場権に関しては危なげない位置である。
しかし優勝を狙うのはポイント差はそれほどないにしても、レアル、チェルシーいずれも強敵だ。
さすればこの両チームもUCLは順当に勝ち上がってくるであろう。

となるとこの両チームはリーグ、UCLどちらにウエイトを置くか?
中途半端になれば何も得れないこともある。
ベルグリーニ監督、ルイス・エンリケ監督、どのように出てくるだろうか。

こうした観点で見た結果、コントラストのはっきりした試合となった。
そして主役はメッシであった。

こんなことを思った人もいるのではないか。
メッシはリーグそのもののプレーぶりがフェイクであり、UCLで対戦相手を欺くため作戦であった。
まさかそんなことはないだろうが、そう言いたくなるくらい同じ選手とは思えないメッシのパフォーマンスであった。

そのメッシのプレーぶりだが、試合はスアレスの2得点で、1-2で勝利した。
この試合においてメッシは彼の魅力である対戦相手の予想を覆す意外性をフルタイムで発揮していた、そのなかで特に二つあげるなら、ポジショニングとパスの供給先だった。
そしてそれが二つの得点のキーポイントであった。

まず16分の1点目。次の図も参考にしてほしい。
(青がシティ、赤がバルサの選手、なおプレーに関係ない選手は省略している)

About the Author:

しゅうたろう
住所:東京都  年齢:40代  趣味:サッカー以外としては、文芸評論と写真撮影が趣味。世界のビールを飲むのが楽しみ。 サッカー歴:サッカーをより濃く関わるようになったのは、ドリームキャストという当時SEGAが発売していたゲーム機でサカつくを購入したこと。このゲームはウイイレと違って、選手を操作するのではなく、監督として戦術と戦略を練るとともに、オーナーとして経営をこなさなければならない。このゲームを攻略するべく一念発起してサッカーを勉強することを決意、そのためスカパーに契約して中田がセリエAを参加するようになったころからテレビ観戦を続ける。結局それが今に至る。 国内チームは地元のFC東京を応援、SOCIOとして味スタのゴール裏でビールを飲む。ただしホームよりアウエイでスタジアムグルメを頬張るのが何よりも楽しみ。

Leave A Comment