テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ぷら~り 欧州蹴球場百景【60】シュクリュ・サラジオウル・スタジアム / イスタンブール

UEFAコンペティションは2節が終了。グループステージの星取表に目を通した中で、勝ち抜け予想がひと際困難なのはヨーロッパリーグのD組だろう。 昨季プレーオフを3位で終了したアンデルレヒトは、試合開始から後半立ち上がりまで計5枚のイエローカードを連発する形振り構わぬスパルタク・トルナヴァの堅守にゴールを割れず、2節もまさかの連敗。
驚くべきはUEFAランキング61位のフェネルバフチェと77位のディナモ・ザグレブ。数字以上に実力差があると思っていたが蓋を開けてみれば、4-1でザグレブの圧勝。その勢いでアンデルレヒトも飲み込んだ。

◆◆◆◆◆

一方フェネルバフチェは、イスタンブールでレスターから貸し出されたアルジェリア人ストライカーが連発。復調の兆しが朧気ながら見えてきたか。

あづ紗さんの手にはトルコ最大手のビールメーカー、アナドル・エフェス社のブランドとなった銘柄『ボモンティBomonti』のコースター。

昨年日本に入荷された際のCM。和歌山県近海でエルトゥールル号が海難事故にあった1890年。トルコ共和国(旧オスマン帝国)で初めてビールが醸造された。アドルフとウォルター・ボモンティ兄弟の名前をブランド名にした醸造所の跡地は現在、ビジネスの拠点であると同時にショッピングセンターやレストランが立ち並び、トレンディスポットとして観光客で賑わう。ボスポラス海峡の欧州側、ボモンティ地区を挟んで北にガラタサライ、南の港町ベシュクタシュがホームスタジアムを構える。


◆◆◆◆◆

一方イスタンブール広域市のアジア側カドゥキョイ。都内でいえば欧州側=山の手に対しと下町の関係。ダービーに異常な熱気が帯びるのも頷ける。

筆者が最初に訪問したのは2008年の冬。安宿に泊ったが財布をスられて高くついた。そんな出来事さえ時間が過ぎれば貴重な経験と笑って話せる。

◆◆◆◆◆

最後に訪問したのは2015年の秋。この年の夏、IS自爆攻撃への抗議と国内侵入を許した政府批判のデモを警察が鎮圧したばかり。「テロの脅威に対する注意喚起」の文字を至るところで目にした。

その後2016年12月にヴォーダフォン・アリーナ 【22景】でも触れた爆弾テロが勃発。中心部は観光客が激減したのに対し、カドキョイ地区は然程影響なく、生活感を漂わせている。

第60景は同地区にあるフェネルバフチェの本拠地シュクリュ・サラジオウル・スタジアム


◆◆◆◆◆

今季ここまでフェネルバフチェは国内リーグ7試合を消化、2勝4敗1分け(10月4日時点)と冴えない。相手がガラタサライやベシュクタシュならいざ知らず、ローカルクラブに3連敗ではフィリップ・コクも頭が痛い。

顔ぶれを見ても一昔前と比べると、国際的な知名度のある選手は、元オリンピック・マルセイユコンビ、マテュー・ヴァルビュエナとアンドレ・アイェウ、トルナヴァ戦で2ゴールを決めたイスラム・スリマニぐらい。

写真は2012年に発売されたFRANCE FOOTBALL誌。リーグカップ決勝当日に購入した。デシャン時代のOMがお気に入りでこんな事も書いていた。

◆◆◆◆◆

By | 2018-10-05T12:54:42+00:00 10月 5th, 2018|Categories: Soccerlture League, コラム, ひゃくぷら|0 Comments

About the Author:

Yoshitaka Yokozawa
1964年生 / 東京都在住 NPO・NGOの経験を活かしてサッカルチャー・チャアマンをしてます。 本業は国際交流コンサルタント。文化催事の企画運営や講演など欧州と国内をころげまわってます。 サッカルチャーコラム連載では欧州蹴球文化探訪(全41回) 同ベルギーの光と闇(全27回)※最終話そのうちUPします。 長靴の国で観た異邦人たち(全21話) サッカルチャー・ホームタウン秘書室(2017年~ 同 日本人が知らないアーセナル 全8回含)他。 サッカルチャーやっててよかったのはバルセロナで故ヨハン・クライフに逢えたこと。世界各国の”秘書たち”とビールを飲むのもささやかな楽しみ。

Leave A Comment