テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ぷら~り 欧州蹴球場百景【58】ドーサン・アレナ/ プルゼニ


◆◆◆◆◆

2017-18シーズンの年間MVPに圧倒的投票数で選ばれたのも納得。パス、ドリブル、シュートまで全てのプレーにおいて精度(質)が高く、何よりこのボロ負けの展開でもあきらめず、運動量が落ちないメンタルを評価したい。現在28歳とキャリアのピークにある。


◆◆◆◆◆

グループGの趨勢はレアルとローマの勝ち抜けが大方の予想。しかし軽侮して臨めば勝負の世界は麦のように甘くはない。勝ち点3を掴み損ね苦い経験をホップの名産地で味わうことになるかもしれない。【五十八景了】

文/撮影:横澤悦孝 モデル:森川あづ紗

By | 2018-09-26T18:42:58+00:00 9月 25th, 2018|Categories: Soccerlture League, コラム, ひゃくぷら|0 Comments

About the Author:

Yoshitaka Yokozawa
1964年生 / 東京都在住 NPO・NGOの経験を活かしてサッカルチャー・チャアマンをしてます。 本業は国際交流コンサルタント。文化催事の企画運営や講演など欧州と国内をころげまわってます。 サッカルチャーコラム連載では欧州蹴球文化探訪(全41回) 同ベルギーの光と闇(全27回)※最終話そのうちUPします。 長靴の国で観た異邦人たち(全21話) サッカルチャー・ホームタウン秘書室(2017年~ 同 日本人が知らないアーセナル 全8回含)他。 サッカルチャーやっててよかったのはバルセロナで故ヨハン・クライフに逢えたこと。世界各国の”秘書たち”とビールを飲むのもささやかな楽しみ。

Leave A Comment