テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ぷら~り 欧州蹴球場百景【42】ヒデクチ・ナーンドル・シュタディオン / ブダペスト

もはや狂喜の祭典と化したロシア大会。その主役は日本代表であり、火中の栗を拾った西野劇場は幕を閉じた。

幕開けは5月19日コロンビア戦。敵将はアルゼンチン人のホセ・ペケルマン。
勿論、前回ブラジル大会で、ザックジャパンをコテンパンに叩きのめした指揮官を知らないサッカーファンはいないだろうが、我々の世代にとっては、95年カタール、97年マレーシア、2001年の自国開催とU20で世界を三度制した「育成の名手」のイメージが強い。この95年カタール大会以降、Jリーガーで構成された日本代表がアジア予選を突破して本大会に出場しているが、93年豪州大会のアジア予選(92年UAE開催)は、西野朗監督と山本昌邦コーチで挑み、宿敵韓国の前に苦汁を飲んだ。大会後西・山コンビはこの世代をたくされ、アトランタ五輪を目指すことに。

第42景はハンガリーの首都、MTKブダペストの本拠地。ヒデグチ・ナーンドル・シュタディオン・スタジアム。

コチラで書いたとおり、初訪問時は2013年6月。あすみさんが持っているのは、シーズンの最終戦のチケット。


◆◆◆◆◆◆

現在は近代的なスタジアムに様変わりしプレス・ジャケットもこのようなオリジナルデザインを採用しているが、5年前は日本円に換算して1000円もしないチケットを購入していた。プレス席、VIP席と一般席の区別もなく、古巣を応援しに来た代表のエース、ジュジャークを簡単に見つけることもできた。

◆◆◆◆◆◆

試合前に列挙されたベンチ入りメンバー氏名に目をやり「さすがに知っている選手はいないだろう」と半ば諦めていたのだが、・・・いた。
記憶に自信がないので、宿に戻りPCを開いて確認した。

この日、MTKブダペストの対戦相手は デブレツェンVSC。ベンチに控える背番号7はティボル・ドンビ。


◆◆◆◆◆◆

1996年7月25日オーランド・シトラスボウルスタジアム
最終戦で対戦したハンガリー五輪代表の右ウィンガー。同じく背番号7の赤いユニフォーム姿のドンビと、マッチアップした背番号3は鈴木秀人。(日本から見て)左サイドで繰り広げられたスピーディーな攻防にブラウン管の前で釘付けとなった。
1973年11月11日生まれなのでこの時39歳の大ベテラン。そんな彼も2016年にスパイクを脱いでいる。


◆◆◆◆◆◆

最終戦を前に敗退が決定していたハンガリー五輪代表ではあるが、金メダリストのナイジェリアとの初戦は0-1、ブラジル戦でも一度は同点に追いつくなど、欧州予選を勝ち抜いてきただけのことはある。


◆◆◆◆◆◆

By | 2018-07-03T04:56:57+00:00 7月 3rd, 2018|Categories: Soccerlture League, コラム, ひゃくぷら|0 Comments

About the Author:

Yoshitaka Yokozawa
1964年生 / 東京都在住 NPO・NGOの経験を活かしてサッカルチャー・チャアマンをしてます。 本業は国際交流コンサルタント。文化催事の企画運営や講演など欧州と国内をころげまわってます。 サッカルチャーコラム連載では欧州蹴球文化探訪(全41回) 同ベルギーの光と闇(全27回)※最終話そのうちUPします。 長靴の国で観た異邦人たち(全21話) サッカルチャー・ホームタウン秘書室(2017年~ 同 日本人が知らないアーセナル 全8回含)他。 サッカルチャーやっててよかったのはバルセロナで故ヨハン・クライフに逢えたこと。世界各国の”秘書たち”とビールを飲むのもささやかな楽しみ。

Leave A Comment