テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ぷら~り 欧州蹴球場百景【36】ユヴェントス・スタジアム / トリノ

日本代表もW杯の予備登録メンバー35人を発表、FIFAワールドカップ・ロシア大会が目前に迫り、欧州のシーズンもクライマックス。このぐだぐだコラム連載も、時流に乗って徐々にそっちよりへ移行する。

◆◆◆◆◆

第三十六景は、イタリア唯一の民間大型蹴球場として知られるユヴェントス・スタジアム。
トリノの街については 第14景でFCトリノの本拠地 スタディオ・オリンピコ・ディ・トリノで取り上げているので省略。案内表示の東洋博物館と生牛肉を目当てに度々訪問している。


◆◆◆◆◆

但しユヴェントス・スタジアムに足を運んだ事はあっても、実は試合を観戦したことがない。構造物への興味だけで、写真を撮ったら数分で敷地内から立ち去るケースも然程珍しくない。

ところが気づけば3シーズン連続でアレッグリが指揮するイタリア王者をスタンドから見下ろしていた。

◆◆◆◆◆

まずは2014-15コパ・イタリア決勝。会場は毎年変わらぬ首都ローマのオリンピコ。対戦相手のACミランには本田圭祐の名前がスタメンに。この試合がタイトル獲得に向け、唯一最大のチャンスであったが夢は潰えた。


◆◆◆◆◆

続く2015-16シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ。会場はオリンピック・リヨンの本拠地、今シーズンのヨーロッパリーグファイナルの場でもあるパルク・デ・オリンピック。退場者を出しながらもホームチームを破るのだから憎らしいほど強い。

そして先月はサンチャゴ・ベルナベウでCLクォーター・ファイナル。こちらは次回第37景で取り上げる。


◆◆◆◆◆

そんな訳でスケジュールを組むと其処に何故か貴婦人が入ってくる。自然と贔屓になるかと思えば、これがまったく為らない。むしろアンチ。

おそらく1996年、アヤックスの連覇をPK戦なるおよそフットボールとは掛離れた手(足?)法で阻止された怒りの炎は、この退化した脳みそが忘れても、肝臓の辺りでいまだに燻っているのかもしれない。


◆◆◆◆◆

2015年のCLファイナル、あすみさんが持っているのはレキップなのでTV観戦したのはパリ市街だったか。カバー写真は2017年のCLファイナル、こちらはチャイナデイリー、ブダペストでTV観戦した後、翌日北京に移動した際機内で手に取ったのが同紙。スペインがビッグイヤーを独占し過ぎるのもどうかと、この2試合だけはユーヴェに肩入れしていたはず。

By | 2018-05-17T20:41:12+00:00 5月 18th, 2018|Categories: Soccerlture League, コラム|0 Comments

About the Author:

Yoshitaka Yokozawa
1964年生 / 東京都在住 NPO・NGOの経験を活かしてサッカルチャー・チャアマンをしてます。 本業は国際交流コンサルタント。文化催事の企画運営や講演など欧州と国内をころげまわってます。 サッカルチャーコラム連載では欧州蹴球文化探訪(全41回) 同ベルギーの光と闇(全27回)※最終話そのうちUPします。 長靴の国で観た異邦人たち(全21話) サッカルチャー・ホームタウン秘書室(2017年~ 同 日本人が知らないアーセナル 全8回含)他。 サッカルチャーやっててよかったのはバルセロナで故ヨハン・クライフに逢えたこと。世界各国の”秘書たち”とビールを飲むのもささやかな楽しみ。

Leave A Comment