テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ウォルコット放出をしてでも掴みたい者が居る!ガナーズ、前線の補強に形振り構わず

 フランス代表FWのジルーやイングランド代表FWであるウェルベックなどを擁するものの、攻撃陣の層の薄さから夏に大補強の噂が出ているアーセナル。

 そのリストの中には、セリエA、パレルモの新星、アルゼンチン人FWのパウロ・ディバラも居るようだ。

 パレルモに12/13シーズンに加入した同選手は、イタリアのサッカーへの順応に苦労したものの、今シーズンついに覚醒し、ここまで公式戦28試合に出場し12ゴール8アシストと、その非凡な才能を開花させつつある。

 ボックス内での点取り屋として、またセカンドストライカーとしても活躍できるそのセンスから”アグエロの後継者”とも呼ばれている同選手を巡り、多くのチームが熱視線を送っている。

 その獲得競争をリードしているのは同一リーグの強豪、ユヴェントスだと言われている。

 獲得競争で劣勢を強いられているガナーズは、更なる移籍金を積み上げて対抗すべく、今シーズンは怪我でわずか8試合にしか出場で着ていないセオ・ウォルコットの放出を検討しているようだ。

 というのも、彼との契約は2016年6月までとなっており、ガナーズ側としてはフリートランスファーでの移籍だけは避けたい思惑もあるようだ。

 彼の獲得に、チェルシーのモウリーニョ監督が興味を示しているという話もあることから、移籍の成立する余地は充分あるといえる。

 本人自体はチームへの残留を望んでいるようだが、サイドではチェンバレン、ウェルベックに総合力で劣り、ワントップをこなせるだけの能力もない以上、今夏、新天地へ移ることになるのだろうか?

By | 2017-04-21T21:52:01+00:00 4月 8th, 2015|Categories: 移籍情報|Tags: , , |0 Comments

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment