テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

アーセナル、ドルトムントMFの獲得を目指す

 今シーズンは不振に陥っているものの、幾つものクラブから熱視線を向けられている、ドルトムント所属のアルメニア代表MF、ヘンリク・ムヒタリアン。

 彼の獲得に、アーセナルも乗り出す模様だ。

 彼の獲得には他にトットナムの名前も挙がっているが、ガナーズは中盤の主力の一人であるスペイン代表MFのサンティ・カソルラにアトレティコ・マドリードへの移籍の可能性が高まっているといわれており、その後釜としてベンゲル監督はドルトムンドのMFを熱望している模様だ。

 移籍金として1770万ポンド(約31億円)を用意していると言われている。

 ムヒタリアンは昨シーズン、シャフタール・ドネツクから2360万ポンド(約44億円)というクラブ史上最高額の移籍金で招聘され、その初年度に大ブレイクを果たした。

 しかし、今シーズンはチームにフィットできず、ここまで公式戦でわずか1試合に留まっている。

 2017年まで契約は残っており、移籍金はかなり高くなりそうだが、アーセナル側は移籍金に加え、選手の補償もつけた形での移籍を狙っている模様だ。

 だが、本来補強すべきポイントといわれている守備側の面子に関しては、噂に上がっていたレアル・マドリードのドイツ代表MF,サミ・ケディラはシャルケへの移籍が内定したと噂されるなど、一向に進んでいないようだ。

 得点力や攻撃力だけではなく、守備面の向上を目指さない限り、リーグ優勝はおろかカップ戦でも優勝は覚束ないと思うのだが。

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment