テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

“アンカー・ヤット”失敗、退団報道~ガンバ大阪と遠藤保仁はどうなってしまうのか?

 「得点を取りたい、ゴール数をもっと増やしたいというのがあって、それを一番実現できるのがこのチームだと思った。魅力的なサッカーをする川崎にあこがれて加入を決断した」

 衝撃的、且つ、的確な発露だった。この言葉は、今季からガンバ大阪を離れて川崎フロンターレへと加入したMF阿部浩之が川崎の入団会見で語ったモノだ。

 攻撃サッカーの表看板を背負っていたはずのG大阪よりも、「魅力的なサッカーをする」「ゴール数をもっと増やしたい」という阿部自身の要求を「最も実現できるチーム」は、川崎だったのだ。

 阿部の言葉は正しかった!11月18日、等々力競技場にて行われた明治安田生命J1リーグ第32節、川崎 VS G大阪はスコアこそ1-0だったものの、川崎がシュート数で26対3、(1部の報道では25対1本という数字も)、ボール支配率でも川崎が62%とG大阪を大きく圧倒した末の勝利だった。

 阿部は2014年にJ1復帰元年となったG大阪で、「史上初のJ1昇格初年度の3冠」という大偉業に大きく貢献した攻撃的MFで、この試合にも先発出場した彼は負傷離脱した期間があったものの、流動的な攻撃を仕掛ける川崎でレギュラーに定着。ここまでリーグ26試合の出場で9ゴール。キャリアハイのゴール数を記録しながら、並行して自己ベストの6アシストも記録している。そんな阿部の言葉だからこそ、“深さ”があったのだ。

 翌週、G大阪はホーム最終戦でも今季からJ1に昇格して来た北海道コンサドーレ札幌を相手にも0-1の完封負け。最終節を残して今季のリーグ戦を負け越すことが決まり、10位に低迷している。

新システム&遠藤が希望した“ピボーテ”

 今季のG大阪はFWの不足が顕著で、開幕前から補強の必要性を問われ続けていた。反面、それを戦術面で補うため、日本代表史上最多の国際Aマッチ152キャップの記録を持つMF遠藤保仁をDFラインの前に置く、“アンカー・システム”に本格的に挑戦することを明言しており、稀代の司令塔の新境地開拓ぶりを楽しみにするニュートラルなファンも多かったはずだ。

By | 2017-11-29T15:08:24+00:00 11月 29th, 2017|Categories: J1リーグコラム, 日本代表コラム, 移籍情報|Tags: , , |0 Comments

About the Author:

hirobrown
創設当初からのJリ−グファンで各種媒体に寄稿する副業サッカーライター。好きなクラブはアーセナル。宇佐美貴史やエジル、杉田亜未など絶滅危惧種となったファンタジスタを愛する。趣味の音楽は演奏も好きだが、CD500枚ほど所持するコレクターでもある。 サッカー歴:中学・高校時代にサッカー部に所属。 中学時は大阪市トレセンに選出される。 その後は競技者としてのサッカーから離れていたが、サッカー観戦は欠かさない 。

Leave A Comment