テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ACL決勝-2ndレグ アルヒラル対ウェスタンシドニー

アルヒラル・・・強い!が運に負けた。
ウェスタン・シドニー・・・堅実ながら押され続けたものの、運が良かった。
と言わざるを得ないような内容だったように私個人は感じた。

ただ、今日のACL決勝2ndレグを見た方なら、多くの人がそう感じたに違いない。

もちろん、どのチームも勝つ為に最前を尽くし、チームとしてのベストな作戦をしていたことは間違いない。
どちらのサッカーも、たしかに最高だったと思う。

アルヒラルは恐ろしい程に攻撃的で、ゴールへの最短を常に念頭に置いたボール運びだった。
その主軸になっているのは、元ブラジル代表のチアゴ・ネーヴィスで、
非常にシンプルにゴールへボールを届かせることを意識しているように感じた。

現代のサッカーは、バルセロナに見られるように、局所的に人を密集させ、
その範囲内でボール回しをしながら集団でゴールへ向かうものが主流になっている。
(今回のワールドカップで、またスピードカウンターサッカーに戻りつつあるようだが)
そういった意味では、アルヒラルのサッカーは2000年代によく見られた、少し懐かしいスタイルに近い気がする。
両サイドへの負担が大きく、真ん中の縦ラインはサイドのタイミングに合わせてDFとの駆け引きに集中する。
役割がはっきりしていて、あまり詳しくない人にも見やすいサッカースタイルではないだろうか。

対するウェスタン・シドニーは、ドイツに近い守備的なチームであり、
スキをついたカウンター攻撃で点を取るというスタイルがメインのようだ。
このスタイルは、自分たちの守備力に自信があり、
なおかつチャンスの少ない攻撃で点を取る決定力が必要とされる。
特に今日の試合で、このスタイルを支えていたのは、ゴールキーパーのアンテ・コヴィッチだった。
再三のピンチも、鉄壁のセービングで、結果的に1ゴールも許さずに試合を終えていた。

さて、試合の話に戻るが、、
はっきり言うとアルヒラルが勝つと思っていた。
シドニーがいくら鉄壁とは言え、ボールがキーパーまで届く事も多々あり、
いつ点が入ってもおかしくなかった。
正式な数はわからないが、シュート数ではアルヒラル20本、シドニー5本程度。
シュートを打たなければ点が入らないという理論からすると、
アルヒラルの方が4倍近く得点の可能性があったということになる。
ただ、シドニーのディフェンスの上手さは、このシュート数の差を無力にするような、
シュート間際のプレッシャーにあるように感じた。

About the Author:

年齢:20代 サッカー歴:幼稚園からサッカーを始め、現在まで細々と続けている。一時は某クラブチームに所属していたこともあるが、早々にリタイアし、今では時折試合の評価や、独自の観点で試合のターニングポイントを解説する。

Leave A Comment