テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ACL、グループ分け終了。天皇杯の行方で天国と地獄に

 来年のアジア・チャンピオンズリーグの組み分け抽選会が無事に終了した。Jリーグの出場チームは3つにプレイオフ出場権1つ。2008年以来の優勝という目標に向かい、新しい戦いが始まることとなる。

 気になる振り分けだが、グループリーグはかなり難しいものになりそうな予感のするものとなった。

 今年度のJリーグチャンピオンであるガンバはF組に。韓国の城南一和、タイのブリーラム・ユナイテッド、東地区プレーオフ3の勝者との対戦となる。

 ガンバの三冠達成の結果、浦和が振り分けられるのはグループGとなる。ここはオーストラリアのブリスベン・ロアー、韓国の水原三星、及び東地区プレーオフ勝者4との対戦となる。

 鹿島はグループHへの振り分けとなるが、ここが最大の激戦区となる可能性が非常に高い。というのも、ここには中国の広州恒大、今年のACL覇者であるオーストラリアのウエスタン・シドニー・ワンダラーズ、そして東地区プレーオフ勝者1が入っているのだ。

 そして、おそらくプレーオフは韓国のFCソウルが上がってくる公算が非常に高い。文字通り、死の組になる可能性がある。

 そして、ガンバの天皇杯優勝により、柏はグループEのプレーオフに出場が決定した。ここは韓国の全北現代、中国の山東魯能、ベトナムのビン・ズオンとの対戦となる。

 だが、グループHに関しては、確かに実績から言えばどこも強豪であるが、実のところ突破の可能性は非常に高いと見ている。というのも、いずれのチームも弱点を持っているからだ。

 広州恒大は実質的な監督がカンナバーロに代わっており、指導暦の無さがどのように影響するか、蓋を開けてみなければわからない不安を抱えているし、WSWは現在リーグ9位と不振を脱せていない。
 FCソウルも今シーズンはカップ戦は勝てたもののリーグ3位に終わっており、少しずつチームは下降線をたどりつつある。補強次第では充分に突破を狙える可能性は高いと思われるだけに、全4チームGL突破という偉業を達成して欲しいものである。

About the Author:

年齢:30代 出身地:埼玉県 サッカー経歴:大学サッカーまでキーパーとしてプレイ 趣味:サッカー観戦、料理

Leave A Comment