テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

セリエA第6節 ACミラン vs キエーヴォ

 
 ACミランの本田の評価は相変わらず高いもので、この日の試合も相手チームの攻撃になるや、よく自陣まで下がって来ており、DF面で貢献していたように思います。
本田は身体が強く、その強さを活かした身体の使いかたも巧いので、ピンチになる場面でも相手の懐に身体を入れて、よくボールを奪っていました。
但し、これは守備時のことです。

 こと攻撃になるや、奪った後のパスを味方に巧く繋げらませんでした。

 これはイタリアの守備的なサッカーにも原因があるのですが、本田が自陣でボールを奪った時に、味方は前線と自陣のペナルティエリア付近におり、中盤には相手チームの選手ばかりなので、選択肢が限られることが挙げられます。この日も、奪ったあとで体勢が崩れている本田にはグラインダーのパスを一気に最前線に送るといった選択肢しかなく、途中でカットされることが多くありました。
この辺りの、崩れた身体の立て直しをこなれたものにするなり、崩れないような奪いかたが出来るようになることが望まれます。

 また、特に前半は、サイドの高い位置でボールを持っても、あまりチャンスを演出出来なかったように思われます。

 元々下がり目なイタリアサッカーでは、本田までが自陣サイドへ帰るよりも、中盤の空いた位置を埋める動きをしてよかったように思いますが、日本代表でやっていることなども加味した結果、ああいった動きになるのでしょう。

 少し前まではトップ下をやることが多かった本田ですが、元々がクロッサーといわれる、クロスを上げる人であった為に、サイドでの起用に対しても、特別に違和感は感じられませんが、スピードに難がある為と、身体の強さを活かすことを考えたらば、サイドに張りっ放しということは、難しいと思います。

 但し、フリーキックでの1点など、面目は躍如していますし、シュートへの意識が高いことも素晴らしいことです。
後半に退く時には、拍手が贈られていました。

 監督のフィリッポ=インザーギも、本田をサイドの高い位置に置くのは、トップ下を置かないフォーメーションである。といったことよりも、今までの本田を観てのことからと、ひょっとすると、クロッサーとしての質を考えてのことかもしれません。
 勿論、これが成功しているとは言い難いですし、下位のクラブに連続して引き分けたり、上位のクラブには勝ちが付かなかったりと、苦しいことには変わりはありませんが、日本人である本田は、世界のビッグクラブでよくやっていると思います。

About the Author:

年齢:20代 サッカー歴:幼稚園からサッカーを始め、現在まで細々と続けている。一時は某クラブチームに所属していたこともあるが、早々にリタイアし、今では時折試合の評価や、独自の観点で試合のターニングポイントを解説する。

Leave A Comment