テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

第二の井手口は現れるか?

今回記事に取り上げる内容は今予選で、ワールドカップ出場の立役者となり、一気にブレイクをした井手口のような存在をピックアップしていきたいと思う。
ワールドカップを戦う上で若い選手の台頭は不可欠で残りの期間でどれだけの選手が選ばれるか非常に期待したい。

GK部門

GKは現在川島がスタメンに君臨する。海外リーグでもスタメンに名を連ねる川島の存在は歴代トップクラスの実力であろう。川島からレギュラーを奪える可能性がある若武者は柏の中村航輔しかいない。レンタル先のアビスパ福岡で能力を開花し、レンタルバック後レイソルのゴールマウスを常に任せられる存在で、今シーズンの出来も非常に高水準である。持ち味の反応速度に加え、物怖じしない性格からチームを鼓舞でき、DF陣に対してもしっかりとした指示も出せる。今すぐにでも試してみたい存在である。
ただ、未だ試されないのには理由がある。それは基礎能力は川島が勝っている点だ。日本代表のウォームアップをみたが、やはり川島の方が安定している。残りの時間でどれだけ基礎能力を高められるか、軽率なミスを減らすことができるかが中村がスタメンに躍り出るひとつの鍵であろう。ワールドカップという短期決戦ではGKがどれだけ当たるかがチームの勝敗を左右する。反応速度が良く、1対1にも強い中村は是非とも試してみたい選手である。

DF部門

Embed from Getty Images

現在の4バックは右から酒井宏樹、吉田麻也、昌子源、長友佑都という布陣が基本スタンスで、個人的にはこの布陣が今の日本代表のベストな布陣であると感じる。
ただ、虎視眈々とこのスタメンを脅かす存在はいる。清水エスパルスの松原である。この選手が日本代表の不動のスタメンに君臨するインテル長友からスタメンを奪える可能性があると私は感じる。
松原の持ち味は攻撃力である。高いポジションで勝負させ、クロスを上げさせるということに関しては長友より上で、荒削りながらも非常に魅力的な選手である。未だにクロスの精度は高くはないが、この1年で相当レベルは上がってきた。身長も182センチと大型のサイドバックで長友にはない長所がある。もしも、松原がスタメンに抜擢されればオール180オーバーのDFラインを形成できる。これはセットプレーという観点からしてもメリットがある。もちろん今の松原はまだまだ日本代表のスタメンに相応しいかと問われれば難しいかもしれない。ディフェンス時のポジショニングの悪さである。マッチアップする選手に自由を与える時間が多すぎることはマイナスの評価材料だ。長友ならば、一歩相手に詰められる場面でも一歩後ろになってしまう。この部分をどれだけ詰められるか、世界で戦える選手になるために必要なこととなる。まだ21歳と若いので今後の成長次第では即スタメンも考えられる。不動のスタメン長友の牙城を崩せるだろうか。

By | 2017-10-04T19:49:45+00:00 10月 2nd, 2017|Categories: コラム, 日本代表コラム|Tags: , , , |0 Comments

About the Author:

幼稚園からサッカーを始め、中学高校と主将を務める。セリエA全盛期のユベントスに魅せられ、以来イタリア代表およびユベントスの応援を続けている。

Leave A Comment