テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

サッカー日本代表のアジアカップ敗退から数日が経った

 サッカー日本代表のアジアカップ敗退から数日が経った。

 世間も少し、アジアカップ熱から覚めたといったところだろうか。多くのメディアで検証がなされているが、私は少し違った視点から検証をしていく。

 ある人から見たら「戦犯さがしゲーム」をしているかのような印象を受けるだろうが、決してそうではない。

 決勝トーナメント一回戦敗退は、PK戦であれ言い訳にできない。そして、検証の仕方に一つの疑問がある。それは「個」の検証が行われていない。大会前とあるTV番組を見ていたら、フォーメーションは「4-2-3-1」が良いとか、「4-3-3」が良いとか、作戦ボード上の議論がなされていた。

 確かにサッカーは戦術が大切である。戦術からベースを作るのかもしれない。

 しかし、その戦術を実行するのは誰か。選手たち、「個」である。J1リーグのサンフレッチェ広島や、浦和レッズのように、異質な戦術を採用している場合を除いて、戦術は勝敗に大きく左右しないと私は考えている。

 本田圭佑はかつて、会見で「個のレベルアップ」を求めていた。

 2014年ワールドカップを通過した後の会見(2013年6月)で述べていたことである。

 「結局のところ最後は個で試合を決することがほとんど。チームワークは生まれ持った能力なので、どうやって自立した選手になって個を高められるか」と訴えていた。

 あれから、2年。個は高まっているのだろうか。
 
 個に注目しよう。

 アジアカップ決勝トーナメント一回戦、UAE戦。失点の場面。絶対に試合立ち上がりは失点をしてはいけない。特に格下相手には。相手の守りの意識が強くなり、相手の陣形を崩せなくなる。その場面で前半開始早々失点を許した。そのシーンを振り返ると、DF陣のDFラインの乱れからである。

 「それは個人でなくてチームの問題でしょ?」、と思うかもしれない。

 ただ、DFラインというのは誰かを基準にして形成するものである。つまり、CBのどちらかを基準としてDFラインの高さを設定している。おそらく吉田麻也がその役割をしていただろう。

 また、逆に日本代表が同点に追いついた場面。本田圭佑のポストプレーから柴崎岳がミドルシュートを決めたシーンだ。柴崎にスポットを当てる。この場面、ペナルティエリア前でパスを出すこともシュートも打つこともできる。同点においつくまで、日本代表は枠内シュート数が少なかった。その状況下で、柴崎岳は枠にボールを飛ばし落ち着いてゴールを決めた。しかも、あの場面で確実なパスを選ばず、シュートを放ったことは評価できる。柴崎の個の判断が勝ったのだ。

 戦術も確かに重要だ。もちろん、今回の敗因としてスタメンを固めすぎて、コンディションを落としたのも問題かもしれない。

 ただ、それで「個」の検証をおろそかにしてもいいのだろうか。いや、そんなことはない。サッカーはチームスポーツだが、勝負は個の力が決するのだから。

By | 2017-04-21T21:52:09+00:00 1月 30th, 2015|Categories: コラム, 日本代表コラム|Tags: , |0 Comments

About the Author:

京都府在住 / 20代 / 趣味:音楽鑑賞とスポーツ観戦、写真撮影 / サッカー歴:幼稚園年中から中学校三年までサッカーを行う。大学に入学し大学サッカーを中心に取材。年間大学サッカー含め、100試合以上は観戦している。

Leave A Comment