テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

開幕から25年、Jリーグの現状と課題を考察

日本にはサッカーがまだ「文化」として根付いていない

 Jリーグの観客動員数が増えない大きな要因の1つに、日本にサッカーが「文化」として根付いていないことが挙げられるだろう。
では、「文化として根付く」とはどういうことなのか?
これは、人それぞれ解釈があるから簡単に答えは出ないだろう。
私個人の考えで言えば、試合のある日も無い日もテレビをつければ、常にサッカーが放送されている状態やワールドカップを見るために、家を売ったり、仕事を辞めたりする人が多くいることが「文化として根付く」ことではないかと思う。
事実、ブラジルにはワールドカップを見るために、家を売ったり、仕事を辞めたりする人がいるそうだ。
そしてテレビをつければ、毎日のように当たり前にサッカーが放送されている。日本はどうだろうか?
Jリーグが地上波で中継されるのは、「開幕戦」や「最終節」と言った注目度の高い試合くらいだろう。
2015、2016年のJリーグでは、視聴率や観客動員数の伸び悩みを改善する目的で2ステージ制を採用したが、優勝決定戦であるチャンピオンシップの視聴率は10%以下の試合がほとんどであった。

優秀な選手はどんどん海外へ、Jリーグにはないビッグクラブ

 これまでにJリーグは、中田英寿や中村俊輔、香川真司や本田圭祐、長友佑都など多く選手達を欧州のビッグクラブへ送り出した。
日本でプレーする多くの子供達は、本田や香川のように「海外でプレーして日本代表になりたい」と言う。その理由は何か?
自分なりに考えてみた。
出た答えは、今のJリーグには、レアルアドリードやバルセロナといった、500億、600億の売上を誇り、数多くのスター選手が在籍するようなクラブがないからではないかというものだ。
Jリーグで1番、売上の高い浦和レッズですらその額は年間60億前後で、欧州のビッグクラブの足元にも及ばない。
現在のJリーグではまだ、数百億を超える莫大なお金を生み出すことができないのが現状だ。
それでも2017年からイギリスの大手動画配信会社パフォームと10年で2100億円の大型放映権契約を結んだことで、前年度よりはるかに多くのお金がJリーグに入ってくることになった。
そのため、2017シーズンのJ1リーグでは、優勝倶楽部は3年間で総額22億円もの巨額のお金を手にすることができるようになった。これだけの賞金を払うJリーグの狙いは、世界に匹敵するビッグクラブを作り上げることだ。クラブに巨額のお金が入れば、当然選手達の給料を上げることもできるし、スター選手を獲得することもできる。
現在、J1の選手の平均年俸は1500万~3000万だ。
一方、欧州を見て見ると、選手の平均年俸ランキング1位のプレミアリーグでは、その額は約4億円にもなる。
2014年の各国プロサッカーリーグの平均年俸ランキングでは、日本はトップ10に入ってないのが現状だ。
ヨーロッパのほうが、レベルが高い環境で、スター選手ともプレーできてお金も多く貰える、そうなったら能力の高い選手が欧州でプレーしたいと思うのは当然だろう。
Jリーグをもっと盛り上げて、レベルを向上させるためには、ビッグクラブを作り出し、多くのスター選手が在籍し、海外の選手やクラブからサッカーを学び、自分達のものにしていくことが必要ではないだろうか?

About the Author:

1995年8月31日生まれ。埼玉県在住。大学では経済学とスポーツ経営学を専攻。サッカープレイヤー歴は13年で、最終所属チームは、2016年埼玉県社会人サッカーリーグに所属。最終所属チームには2015年9月から2017年1月まで在籍。Jリーグ、高校サッカーや社会人サッカーを含め、年間50試合以上観戦。Jリーグはもちろん、サッカーのビジネス面やJFL、また地域リーグについても関心がある。

Leave A Comment