テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

Jリーグ2016シーズン パート2

前回は広島、浦和、ガンバの3チームについて書かせていただいたが、今回は鹿島アントラーズ、FC東京、川崎フロンターレについていきたい。

鹿島アントラーズ

 私が今シーズン優勝予想に挙げるチーム、鹿島アントラーズから分析していきたい。まず鹿島の売りはチームの弱点らしいところがないところだろう。各ポジションバックアッパーを含めて安定した戦力を有している。昨シーズン不安視されたGKのポジションにはU23代表の櫛引を獲得することで曽ヶ端との争いができることはいい補強だっただろう。

 また金崎の完全移籍がもっとも大きい。鹿島に金崎がいるかいないかでは全くサッカーの出来が変わってくる。金崎がいることで前線で起点が生まれる。彼は多少無理なボールでもマイボールに落ち着かせることができる選手であるため、周りの選手が自由にプレーができ、チームに良いリズムが生まれる。

 各ポジションでハイレベルな争いが繰り広げられている鹿島が今シーズンの優勝であると思うが、唯一の懸念は金崎にアクシデントが起きないかだけである。

FC東京

 今シーズンのFC東京は権田、太田とチームの主力選手2人の穴を如何に埋めれるかで順位が決まるだろう。中盤には東や水沼、田邊、米本、中島、梶山とメンバーは申し分なく、DFラインも森重、丸山、徳永、室屋、駒野とレベルの高い選手が揃っている。GKには湘南から秋元を移籍で獲得した。

 そんななかで鍵を握るのはSBの選手とGKの秋元が如何に太田と権田の穴を埋められるかであろう。サイドバックは成長著しい室屋と小川がどこまでJの舞台で活躍できるか、特に太田の攻撃面での影響は大きかったため、サイドでのアシストを演出できるかが重要である。GK秋元については湘南でも実績があるためあまり不安視されていないが、もしも彼がFC東京のサッカーにフィットしない場合はいくら強固なCB森重、丸山でも失点は増えるであろう。

 不安要素2点を除けば若くて脂の乗った選手が多いので非常に楽しみなチームと言えるだろう。

川崎フロンターレ

 今シーズン非常に面白い補強をしたチームはフロンターレである。GKにはチョン・ソンリョンDFには奈良、中盤には原川、狩野、FWには森本と各ポジションに名のある選手や風間監督好みの選手を補強した。

 大久保、小林のツートップはJリーグ屈指で、中村憲剛の中盤での存在感も今だ健在、大島、車谷、谷口の若手の選手の台頭も踏まえると、今シーズンは補強選手がアクセントをつけることができれば面白いチームになるだろう。

About the Author:

幼稚園からサッカーを始め、中学高校と主将を務める。セリエA全盛期のユベントスに魅せられ、以来イタリア代表およびユベントスの応援を続けている。

Leave A Comment