テキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

ぷら~り 欧州蹴球場百景【1】スタッド・ピエール・モロワ/リール

サッカルチャー秘書室の新連載名を、「ぷら~り 欧州蹴球場百景」に決めた。本年は日本百景が選定されて90年の節目を迎える。ぷら~り欧州を旅してきた際に撮影した写真をリムーバルディスクの隅から引っ張り出して、回想録をだら~りと綴る。略して『ぶらひゃく』。秘書室のカテゴリーに分類される為、撮影した美人秘書イメージのアイキャッチ画像だけは継続させ、今回、花園ななせさんを起用した。


◆◆◆◆◆

ちなみに、これまでの日本人秘書は芸能プロダクションからの紹介だったが、彼女は筆者自ら発掘した逸材。編集部内で彼女を、AKBの《コジハル》や《きたりえ》のように略称で呼ぶ意見も出たのだがハナナナ・・・・“鼻の穴”にしか聞こえない。「ななせさん」と普通に名前で落ち着いている。何でも略せばよいわけではない。


◆◆◆◆◆

ハナと云えば、チューリップを以前掲載した。
⇒欧州蹴球文化探訪 第三十二の巻 リールで学ぶ。リールに学ぶ。
上の写真は草間彌生氏の作品を反対側から撮影したもの。リール・ユーロップ駅とリール・フランドル駅の中間にある為、パリからTGVに乗ってきてブリュッセルやロンドンへの乗り換える旅行者は必ず目にする。今回紹介する蹴球場はこの街のスタッド・ピエール・モロワ。今週末に日本代表がセレソンに挑む舞台はハリルホッジ監督の御膝元。

機内で移動中はひたすら映画を鑑賞する。昨年世界が泣いた『me before you』事故で脊髄を損傷、四肢麻痺のサム・クラフリンを介護するエミリア・クラーク主演のラブコメディである反面、重度障害者の自殺幇助・安楽死が問題視された。

◆◆◆◆◆

昨年三月「⇒サルバドール(救世主)はカタルーニャの地に没する」を寄稿した。肺癌で他界したヨハン・クライフを偲んでシュルリアリズムの巨匠ダリのファストネームとクライフのニックネームをタイトルに織り込んだ。

その時、クライフと共に熱い視線を注いだフィールドには、オランダの未来を担う俊英の姿があった。
その後、⇒長靴の国で観た異邦人たち 十七の巻【チェコ黄金時代再来の予感】で、その当時を回想している。

一昨季バルサ戦で才能の片鱗に触れたドニ―・ファン・デ・ベークとアブドゥラク・ヌウリは11月24日のUEFAヨーロッパリーグ、パナシナイコス戦に共にフル出場・・・下の写真、トップチームでは重い番号(34)を背負った彼も同年代のチームでの背番号は8。

◆◆◆◆◆
アブドゥラク・ヌウリ選手を襲った悲劇。衝撃に一瞬PCの前で全身が硬直した。一時的に心肺機能が停止した場合、蘇生後脳症(低酸素脳症)で約7割が命を落とすらしい。記憶に新しいところでは7月に 新潟県の高校野球部に所属する女子マネジャーが死亡している。一命を取り留めても脳に障害が残り、昏睡状態、寝たきりの状態になり社会復帰は見込めない。軽度でも認知機能や記憶に障害が発生するのだが、ヘリコプターで病院へ搬送された彼の脳の大部分が機能しておらず、今後も機能することはないと診断が下された。アヤックスの発表によると現在も心拍数と呼吸こそ安定しているものの状態に変化は見られない。

By | 2017-11-14T04:08:41+00:00 11月 7th, 2017|Categories: Soccerlture League, ひゃくぷら, リーグアンコラム|Tags: |0 Comments

About the Author:

Yoshitaka Yokozawa

1964年生 / 東京都在住
NPO・NGOの経験を活かしてサッカルチャー・チャアマンをしてます。
本業は国際交流コンサルタント。文化催事の企画運営や講演など欧州と国内をころげまわってます。
サッカルチャーコラム連載では欧州蹴球文化探訪(全41回)
同ベルギーの光と闇(全27回)※最終話そのうちUPします。
長靴の国で観た異邦人たち(全21話)
サッカルチャー・ホームタウン秘書室(2017年~
同 日本人が知らないアーセナル 全8回含)他。
サッカルチャーやっててよかったのはバルセロナで故ヨハン・クライフに逢えたこと。世界各国の”秘書たち”とビールを飲むのもささやかな楽しみ。

Leave A Comment